よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

ポルトガルの首都リスボン③

カイス・ド・ソドレ (Cais do Sodré)

コメルシオ広場から西に進むと,地下鉄緑線の終着駅、カイスドソドレに着く。歩くと多少時間がかかるので、トラムや地下鉄などを利用することをおすすめする。道中には飲み屋が並んでいるので、夜は散策してみてお気に入りの店を探してみるのもいいだろう。
隣接する鉄道のカイスドソドレ駅の斜向かいには、リベイラ市場がある。この建物の1階はフードコートになっており、約3000平方メートルの広さの中に、約30の飲食店が店を構える。魚料理や肉料理、ケーキやアイスなどのデザートもあるほか、寿司を売る店もある。

べレン(Belém)

カイスドソドレ駅から鉄道に乗り、西へ20分ほど。ベレンに到着する。ここには修道院やモニュメントなど見どころが多い。

ジェロニモ修道院(Mosteiro dos Jerónimos)

まずは駅を出て西に進む。右手に大きな白い建物が見えてくる。世界遺産にも登録されているジェロニモ修道院だ。この修道院は16世紀に建てられ、大航海時代に建てられたことから、ロープや船、当時の国の紋章など時代を象徴するものがあらゆるところに彫られている。ヴァスコ・ダ・ガマと、ポルトガルを代表する詩人のルイス・デ・カモンイスの棺もある。
修道院の見学が終わったら、駅の方向へ少し戻る。すると観光客の長蛇の列が見えてくる。ポルトガルの有名なお菓子「Pastel de Nata(パステルデナタ)」のお店、「Pasteis de Belem(パステイスデベレン)」だ。いわゆるエッグタルトで、サクサクのパイ生地とトロトロで甘いカスタードでとてもおいしい。手のひらサイズの小さめのタルトで、ひとつ150円ほど。ジェロニモ修道院で代々伝わる秘伝のレシピで作られるこのお菓子は、ポルトガルで一番「パステルデナタ」だろう。店内は常に客でいっぱい。持ち帰ることも可能で、しばらく列に並ぶことになってもぜひとも食べたい。

発見のモニュメント(Padrão dos descobrimentos)とベレンの塔 (Torre de Belem)

パステイスデベレンを出て南側に進む。道を渡ってテージョ川の方へ。川沿いを西へ進むと大きなモニュメントが見えてくる。発見のモニュメントだ。エンリケ航海王子を先頭に、大航海時代に活躍した人物が並ぶこのモニュメントは、大航海時代を記念して作られた。
モニュメントを過ぎ、さらに西へ進むと、ベレンの塔がある。
ベレンの塔は、世界遺産に登録されており、テージョ川を出入りする船を監視するための要塞として建てられた。中に入って塔の頂上まで上がることができる。