よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

3月9日 オープン戦7試合目 デvs広 福山

この日は広島カープとの一戦。広島県福山市の市民球場で行われた。福山での開催は、公式戦含めシーズン中唯一の試合。

 

5-12と大敗を喫してしまう。ほとんど京山の自責点となってしまった。初回こそ10球で抑えてよさそうに見えたが、2回、3回と雲行きが怪しくなり、4回に決壊。代わって登板した中後は、京山の出したランナーを全員返してしまうという始末。阪口も2回で四球3つと危なっかしい。唯一砂田だけが期待通りの投球をしてくれた。

一方攻撃面では、16安打で5得点。16安打と神里以外のスタメン全員がヒットを放ちそこはよかった。しかし以前からあるタイムリー欠乏症がやっぱり治らない。今日はチャンスで若手に打席が回ってくる場面が多かったからシーズン中はこんなことにはならないと思いたい。が、若手は若手でいいところをみせてほしいもの。

 

DeNAの先発は京山将弥投手。プロのマウンドにデビューした昨季は6勝をマーク。今シーズンはさらに実力をつけてローテ定着を目指す。

広島の先発は、昨季に最多勝などのタイトルを獲得した大瀬良大地投手。

 

両チームのスターティングオーダーは以下の通り。

 

DeNA               広島

8 神里和毅           6 田中広輔

9 楠本泰史           4 菊池涼介

指 ネフタリ・ソト        8 西川龍馬

3 ホセ・ロペス         9 鈴木誠也

5 宮崎敏郎           7 坂倉将吾

7 宮本秀明           指 松山竜平

6 倉本寿彦           3 バティスタ

2 伊藤光            5 安部友裕

4 柴田竜拓           2 會澤翼

 

1回表、神里と楠本が打ち取られるも、続くソトがフルカウントから先制のホームランを放つ。4番ロペスがライトへ、宮崎がレフトへそれぞれヒットを放ち、2アウト1,2塁とするが、宮本が空振り三振。チャンスを生かせない。

1回裏、10球で3者凡退に打ち取る。

2回表、先頭の倉本がライトへのヒットで出塁すると、伊藤光送りバントを決める。1アウト2塁のチャンスで柴田がライトへタイムリー2ベースで1点追加。しかし続く神里、楠本が凡退し畳みかけられない。

2回裏、先頭の鈴木にライトへの2ベース。坂倉を凡打に打ち取るが、松山に四球を与え、1アウト1,2塁のピンチを招く。しかし京山はバティスタをショートゴロに仕留め、6-4-3のダブルプレーでピンチを切り抜ける。

3回表、ソトが空振り三振に倒れるが、ロペスがレフトへ2塁打。宮崎がセンターへのフライを打ち、2アウト3塁。チャンスを作るも宮本が一ゴロに倒れる。

3回裏、先頭の安部から會澤、田中と連続でヒットを浴び無死満塁。菊池の二ゴロの間に3塁走者が生還。1点返す。西川がライトへタイムリーヒットへ放ち、2塁走者田中の好走塁もあり、広島に逆転にを許してしまう。それでも京山は広島の攻撃を抑えることができず、続く鈴木にも2塁打を打たれてしまい、1アウト2,3塁とピンチが続く。坂倉にはセンターへ犠牲フライを打たれ、2-4となる。松山を一ゴロに打ち取りこの回の攻撃を終わらせる。広島は打者が1巡する。

4回表、2アウトからの柴田の単打のみで、この回は4人で攻撃を終えてしまう。

4回裏、先頭のバティスタに2塁打を許す。続く安部は二ゴロに打ち取るが、會澤に適時2塁打、田中にストレートの四球を与える。1アウト1,2塁から菊池にレフトへ適時2塁打を打たれ、2-6。ここで京山から中後にスイッチする。中後は先頭の西川に四球を与え、1アウト満塁とピンチを広げてしまう。鈴木に満塁本塁打を打たれる。坂倉と、松山の代打長野にも四球を与える。バティスタダブルプレーにしとめ、なんとかこの回を終える。

5回表、楠本とソトが連続でヒットを放ち、無死1,2塁のチャンスを作る。ソトの代走に佐野が送られる。ロペスと宮崎が打ち取られるが、宮本がセンターへ適時2塁打で1点返す。しかし倉本が続くことができず点差を詰められない。

5回裏、マウンドには阪口、1塁に中井、2塁に伊藤裕季也がそれぞれ代わって入り、2塁の柴田が3塁に回る。阪口は、先頭の安部に2塁打を打たれると、會澤の代打の小園の打席で8球目を暴投してしまい、無死3塁。田中の代打メヒアを一ゴロに打ち取るも、中井のフィルダースチョイスで広島は1点を挙げる。続く菊池の代打に曽根が送られ、その曽根に3塁打を浴び、さらに失点。西川を二ゴロ、鈴木の代打正ずいに内野安打を打たれ、2死1,2塁。坂倉をセンターフライに打ち取り、チェンジ。

6回表、広島は矢崎をマウンドへ、サードに堂林、キャッチャーに白濱、メヒアをファースト、曽根をセカンド、正ずいをライト、小園をショートに回す。先頭の伊藤光はセンターへのヒットで出塁。柴田が空振り三振に倒れるが、神里が四球を選び出塁。1死1,2塁のチャンスで、楠本がライトへ適時2塁打。矢崎から菊池保にスイッチすると、佐野と中井が打ち取られる。

6回裏、ライトの守備に青柳がつき、楠本がライトからセンターに回る。四球をひとつ出してしまうが、ヒットは打たせず、4人で抑える。

7回表、菊池から今村にスイッチ。伊藤裕季也が三ゴロに倒れるも宮本がセンターへ2塁打。倉本が一ゴロを打つ間に進塁し2アウト3塁とし、続く伊藤光がレフトへタイムリーヒット。5-12。柴田が空振り三振に倒れ、3アウトチェンジ。

7回裏、ショートに知野、キャッチャーに嶺井が入る。この回は四球を2つ出すがヒットは許さず、チェンジ。

8回表、ピッチャーは今村に代わって一岡、セカンドの曽根がセンター、上本がセカンドに入る。先頭の青柳はセンターフライでアウトになるが、楠本がストレートの四球、佐野がセンターへのヒット、中井もセンターへのヒットで続き、1アウト満塁。しかし、伊藤裕季也はショートフライ、宮本がセカンドフライとチャンスであと1本が出ない。

8回裏、阪口から砂田に交代。代わった砂田は8球でこの回を終わらせる。

9回表、一岡に代わって中崎が登板。3者凡退に打ち取られゲームセット。