よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

3月17日 オープン戦12試合目 デvsロ 横浜 ②

5回表、三者凡退。井納はここまで5回を71球。被安打2、5奪三振。球数も少なく、上々のピッチング。

5回裏、三者凡退。初回の猛攻以来まともに攻撃できていない。

6回表、井納に代わって笠井が登板。岡に代わって清田が代打に送られる。清田は空振り三振。加藤がレフトへのヒットで出塁。加藤は2塁を狙う。戸柱はストライク送球するも2塁ソトがタッチできない。続く中村が1塁線を破る2塁タイムリー。1点追加。その後井上に四球を与えるも後続の角中、レアードの代打バルガスを打ち取り最少失点で切り抜ける。

6回裏、サードに松田、清田がライト、加藤がレフト、藤原がセンター、鈴木がファーストに入る。楠本、宮崎と連続で打ち取られるも4番筒香がウイング席へ飛び込むホームラン。待望の一発が飛び出す。ロペスがライトフライに倒れる。

7回表、笠井に代わって砂田が登板。サードに中井、ファーストに佐野が入る。先頭の鈴木、田村の代打吉田を打ち取るが、9番藤岡がセンターへヒット。続く清田、加藤に連続でタイムリーを浴びてしまう。2死2塁で迎えた中村はライトフライに打ち取り逆転許さない。

7回裏、三者凡退。

8回表、砂田に代わって三嶋が登板。サードに柴田、キャッチャーに山本、中井がセカンドに回る。藤原をレフトフライに打ち取ると、5番松田に四球を与える。しかし後続を打ち取り安定のピッチングを披露する。

8回裏、東妻に代わって種市が登板。先頭の倉本が力ないスイングで空振り三振に倒れると、1番桑原がセンターへ2塁打。今日2本目のヒットとなる。楠本が四球を選び中井がレフトへのヒットで満塁のチャンスを作る。4番筒香は3球で追い込まれるが、そこからしっかり見極めて四球で出塁。押し出し。筒香には代走に宮本が送られる。続く佐野がファウルフライ。2死満塁。柴田が四球でさらに押し出し。しかし続く神里がショートゴロで得点ならず。

9回表、三嶋に代わってパットンが登板。サードに山下、柴田がショートに回る。パットは先頭の吉田にレフトへのヒットを許すも、藤岡の代打高浜から三人連続で打ち取りゲームセット。

 

ラミレス監督へのインタビュー「(手術明けの井納投手のピッチングは)とてもよかった。期待以上のピッチングだった。球速、球種の組み合わせなどがよかった。(1,2番の組み合わせの意図は)スモールベースボールを意識した打順。いろいろ候補がいる中で、最近の試合で様々な組み合わせを試してきた。今日は桑原も楠本も出塁して中軸人の前に出塁できたのはよかった。(筒香が新しいスタンドへのホームランを打った)あそこに来ていたお客さんたちにはいいプレゼントになったのでは。筒香にはこのままいい状態にもっていけるようにしてほしい」