よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

3月24日 オープン戦17試合目 デvs西 メラド ①

オープン戦ラストの試合。オープン戦はここまで5勝7敗4分と負け越している。勝ち負けはそこまで関係ないとは言え、試合という形でやるからにはやっぱり勝ってほしい。オープン戦で有終の美を飾って開幕への弾みをつけられるか。

 

DeNAの先発は井納翔一投手。前回登板の17日、ロッテ戦では5回71球で被安打2、5奪三振。今日も好投を披露できるか。

一方の西武の先発は武隈祥太投手。

 

 

両チームのスターティングメンバーは以下の通り。

 

DeNA                 西武

8 楠本泰史               7 金子侑司

4 ネフタリ・ソト            6 源田壮亮

5 宮崎敏郎               8 秋山翔吾

7 筒香嘉智               3 山川穂高

3 ホセ・ロペス             2 森友哉

2 伊藤光                4 外崎修汰

6 大和                 指 栗山巧

1 井納翔一               5 中村剛也

9 桑原将志               9 木村文紀

 

1回表、先頭の楠本が四球で出塁。2番ソトがレフトフライで倒れるも、3番宮崎がレフトへ2塁打を放つ。さらに4番筒香が泳がされながらも巧みにライトへ運んで1点先制。5番ロペスはショートへゴロを放ち、ゲッツーコースとなるもロペスの足が勝り、その間に3塁走者が生還しさらに得点。最後は伊藤光が空振り三振で3アウト。DeNAは初回から2点の先制に成功する。

1回裏、先頭の金子が2球目を打ち上げる。サードの宮崎が井納の前まで出てきて捕球。源田はセーフティバントを試みるも投手へのフライとなる。秋山は一ゴロで3アウト。7球で抑え、上々の立ち上がりを見せる。

2回表、大和は三ゴロ、井納は二ゴロ。桑原は捉えた当たりもショート正面のライナー。3アウト。

2回裏、山川の当たりが三遊間を抜けそうになるが大和がダイビングキャッチ。送球がショートバウンドになるがロペスがしっかり捕球して1アウト。続く森はセンターフライ。外崎を投ゴロに打ち取り3アウト。

3回表、楠本は三ゴロ、ソトがレフトフライで2アウト。3番宮崎はレフト前へヒット。代走に倉本が送られる。4番筒香は空振り三振で3アウト。

3回裏、レフトに宮本、サードに倉本が入る。先頭の栗山を遊フライで1アウト。中村がライトへのヒットで出塁すると、木村が遊ゴロ。大和がうまくトスし、ソトが二塁ベースを踏んで一つアウトをとるが、送球が間に合わずゲッツーはとれない。出塁した木村は盗塁を決め、2死2塁とする。井納は、ここで迎えた金子を空振り三振に仕留め3アウト。

4回表、先頭のロペスは鋭い当たりも、一直。伊藤はセンターフライ。大和が9球粘って四球を選び出塁。しかし井納が見逃し三振で3アウト。

4回裏、ファーストに佐野が入る。先頭の源田を遊ゴロ、秋山を二ゴロ、山川をライトフライで三者凡退。

5回表、桑原の当たりはサードへの平凡なあたりとなるも、打球が手につかず中村にエラーが付く。楠本がライト線への2塁打で無死2,3塁のチャンス。ソトは遊ゴロに倒れる。その間に3塁走者が生還し3点目。倉本は初球を叩いてレフトフライ。宮本がセンターフライ。3アウト。

5回裏、中井がセカンドに入る。森を空振り三振、外崎をセカンドフライ。続く栗山に四球を与えると、続く中村が3遊間を破るヒットで2死1,2塁。木村がレフトへの適時2塁打。西武は1点返し、なおも2,3塁のピンチが続く。金子に対してフルカウントまでいくも最後は一ゴロでピンチを切り抜ける。

6回表、武隈に代わって大石が登板。佐野はライト前ヒットで出塁。伊藤はストレートの四球で無死1,2塁となる。大和はバントの構えも捕フライとなる。ここで井納に代えて柴田が打席へ。その柴田がライトへ適時2塁打。走者二人が生還する。桑原はストレートの四球。楠本は初球を叩きライトへヒット。1アウト満塁。さらに中井がセンターへ適時打。一人生還しなおも満塁のチャンスが続く。倉本は7球粘るもサードファウルフライ。宮本が投ゴロで3アウト。この回打者9人、ヒット4本と四球2つで3得点となった。

6回裏、井納に代わってエスコバーが登板。柴田がショートに入る。エスコバーは源田を三直に打ち取ると、秋山を空振り三振。ここでエスコバーから三嶋にスイッチ。三嶋の投球練習の間に流れている山川の登場曲にロペスがノリノリで手拍子。その山川に四球で出塁を許すも森を二ゴロに打ち取り3アウト。