よしおのブログ

ベイスターズ、時々ポルトガル

3月30日 DeNA vs 中日 2回戦 ②

4回表、ビシエドがセンターへヒット。続く堂上がライトへ適時2塁打。追加点を許す。高橋にも初球をライト線へ運ばれこの回2点目。阿部を二ゴロに打ち取りやっと一つ目のアウト。走者は進塁し1死3塁。大野に初球を痛打されレフトへ2塁打。3点目。9番山井は空振り三振。2アウト。ここでラミレス監督がでて交代を告げる。笠井がマウンドへ上がる。代わって一人目の平田にはフルカウントから見極められ四球。大島をセンターフライに打ち取り3アウト。この回京山が3失点を喫し0-4となる。

4回裏、ソトと筒香が連続でライトフライに倒れる。宮崎が四球で出塁するも、ロペスが三ゴロ。

 

5回表、笠原に代わって三上が登板。アルモンテを二ライナー、ビシエドを遊ゴロに打ち取ると、堂上を空振り三振に仕留める。

5回裏、戸柱がストレートの四球を選ぶと、大和も3-1から5球目を見極め四球で出塁。ここで三上に代打倉本。倉本は初球を叩きボテボテのゴロ。しかし山井は一塁にしか投げられず結果的に送りバントに。続く梶谷も二ゴロと思ったようなあたりは出ないが、3塁走者が生還し1点返す。2番楠本は快音を残すもライトフライ。3アウト。

 

6回表、三上に代わって国吉がマウンドへ上がる。先頭の高橋に3塁線を破るヒットを許すと、阿部にもセンターへヒットを許し無死1、2塁。大野に送りバントを決められると、山井の代打福田に左中間を破る適時2塁打を打たれ2点の追加点をとられる。続く平田にはセンターへ運ばれる。梶谷が飛び込むも補給できず、適時3塁打となる。大島は一ゴロに打ち取るが、その間に3塁走者が生還しさらに1点。アルモンテをセンターフライに打ち取り3アウト。この回国吉は4失点で、1-8と点差が大きく広がった。

6回裏、山井に代わって小熊が登板。福田がレフトに入る。ソトから始まる好打順も、ソトが二ゴロ、筒香が初球をレフトフライ、宮崎も2球目をレフトフライであっさり3アウト。

 

7回表、国吉に代わって三嶋が登板。先頭のビシエドの三遊間へのあたりを大和が飛びついて捕球、一塁へ投げるも間に合わず、内野安打となる。ビシエドに代走の井領が送られる。堂上はセンターへ運び無死1,2塁。代走に京田。続く高橋が一ゴロとなるがゲッツーは取れない。阿部は遊ゴロとなりゲッツーコースも、1塁セーフの判定。これにラミレス監督がリクエストを要求。しかし判定覆らずアウトはひとつだけ。この間に3塁走者が生還したため中日は1点追加。続く大野の打席で三嶋が暴投し、阿部が2塁へ進むも、三振に打ち取り3アウト。

7回裏、小熊に代わって祖父江が登板。井領がレフト、京田がショート、福田がファーストへ回る。ロペスが初球を叩き遊フライ。戸柱はセンター経ヒットで出塁。大和は空振り三振。三嶋の代打神里は、レフトフライに倒れ、3アウト。

 

8回表、三嶋に代わってエスコバーが登板。先頭の福田をレフトフライに打ち取る。平田にレフトへヒットを許すも大島を二ゴロ、祖父江の代打木下を空振り三振に仕留め3アウト。

8回裏、祖父江に代わってロドリゲスがマウンドへ。先頭の梶谷が遊フライに倒れると、楠本が四球で出塁するも、ソトが6-4-3のダブルプレー。実質的に3者凡退。

 

9回表、エスコバーに代わって砂田が登板。先頭の井領を遊ゴロで打ち取るも、京田にセンターへのヒットを許す。高橋には死球を与え、1死1、2塁。迎えた阿部は3球三振。大野の打席中、暴投で走者がそれぞれ進塁するも、大野を二ゴロに打ち取り3アウト。

9回裏、ロドリゲスに代わって鈴木が登板。筒香は初球を叩きライト線を破るヒット。宮本が代走。宮崎はセンターへのフライ。阿部が追いかけ、一度はグラブに収めるも落球。宮本は一度一塁に戻ったため、二塁に間に合わずフォースアウト。ロペスは空振り三振。戸柱も空振り三振に倒れ3アウト。

 

ラミレス監督インタビュー

―先発の京山投手は、立ち上がりは良かったように見えたが、3回、2周り目でつかまった

「(京山は)3回までは良かったが、4回に制球を乱したり、スピードが落ちたりして打たれてしまった。4回がキーとなった」

 

―打線に関して、昨日は活発だったが、今日は山井投手にうまくかわされた

「打つ日もあれば打たない日もある。山井はうちに相性がいい投手なので、次回には対策をうたないといけない」

 

―1勝1敗のタイとなった。、3戦目の明日、勝ち越しを期待するファンも多い

「Tomorrow is another day。しっかり準備して勝ちにいきたい」