よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

3月29日 DeNA vs 中日 1回戦 ②

6回表、先頭の笠原に代打亀沢が送られる。その亀沢はセカンドライナー。セカンドのソトは前に飛び込みぎりぎりで捕球した。1番平田は遊ゴロ。2番大島が三遊間を抜くヒット。その大島はアルモンテの打席中に再三牽制されるも盗塁を決める。アルモンテには粘られて四球を選ばれ、2死1,2塁。4番ビシエドを迎える。レフトスタンドからは大音量のビシエドチャンテ。しかし三ゴロに打ち取り、無失点ピッチングを続ける。

6回裏、笠原に代わって又吉が登板。又吉に対して筒香は空振り三振、宮崎はライトフライ。ロペスがセンターへのヒットで出塁するも伊藤が投ゴロで3アウト。

 

7回表、堂上を遊ゴロに打ち取る。高橋にライトへ2塁打を打たれるも、阿部と加藤を連続で空振り三振に打ち取り3アウト。最後はアウトコースの変化球を振らせ、加藤を三振に仕留めた今永はマウンド上で吠えた。

7回裏、先頭の大和が10球粘るも二ゴロ。今永は6球目を巧みにたたきレフトへのヒットとする。梶谷がしっかり四球を選び、1死1,2塁。ここで打席には、ここまで1安打と2四球で全打席出塁している楠本。その楠本が2球目をライトへ運び満塁のチャンスを作る。中日は又吉に代えて谷元を送る。ソトが谷元に対して7球粘るも空振り三振。4番筒香を迎える。筒香は2-2からの5球目、低めをしぶとくセンターへ運び2点先制。なおも2死1,3塁とチャンスが続くが、宮崎がセンターフライに倒れ3アウト。

 

8回表、桑原がセンター、柴田がセカンドに入る。谷元の代打に木下が送られる。その木下をセンターフライに打ち取る。平田にセンターへのヒットで出塁を許すも、大島を見逃し三振、アルモンテを空振り三振に切って取り3アウト。

 

8回裏、先頭のロペスが空振り三振に倒れるも、伊藤の当たりはサードへ。高橋が飛びついてナイスキャッチも、ビシエドが取り損ね、内野安打。大和がレフトへのヒットで出塁すると、今永の代打佐野がレフトへ前進守備の頭を越える適時2塁打。続く桑原は空振り三振も、楠本が右のもも裏に死球を受け出塁。柴田は打ち上げてマウンド後ろあたりに内野手が集まる。その間にボールが落ちタイムリー内野安打となる。ここで4番筒香を打席に迎える。筒香は5球目を泳がされながらも巧みなバットコントロールでホームラン。宮崎がセンターフライで3アウト。

 

9回表、山崎康晃がマウンドへ、神里がライト、佐野がレフトへ回る。ビシエド、堂上連続で出塁を許すと、高橋を一ゴロに打ち取る。1死2,3塁。阿部の代打福田を三ゴロに打ち取るが、その間に3塁走者が生還し1点返す。加藤の代打渡辺を見逃し三振に仕留め3アウト。

 

ヒーローインタビュー:筒香選手

(先制のタイムリーの場面で)前の打者がつないでくれたので、絶対につなぐという気持ちで打席に入った。
(今永について)彼のマウンドでの姿、打席での姿がチームのみんなにうつっていた。今日勝てたのは今永のおかげ。次回もお願いします。
(ファンについて)これだけ多くのファンに来ていただいて幸せ。絶対に開幕戦、勝ち試合を見せるという気持ちだった。


今永投手
回を追うごとに直球の質が上がった。自分の生命線の直球を投げきれたことが勝ちにつながった。
(今日マウンドに上がってみて)想像していたよりも緊張していた。体もこわばっていたが、力を出し切ろうと心を切り替えてがんばった。ピンチのときもファンの声援が背中を押してくれて、持っている以上の力を出せた。
(7回のレフトへヒットを打った場面では)三浦コーチに「ヒットを打ってこい」と送り出された。代打を送らないことを粋に感じながら打席に入った。三浦コーチの真似をして打った。(その後3塁で筒香の打席)筒香は打席の中で雰囲気が出ていた。打ってくれると思っていた。

 

ラミレス監督インタビュー
(3年ぶりの開幕戦勝利。今永投手が好投した)今永自身も私達も待ち望んでいた投球をしてくれた。自信を持って投球していて、期待以上のものを見せてくれた。投打に活躍していたので今永の日だったと言える。
筒香選手が5打点)キャプテンとして期待に応えてくれた。今後も安定した結果を出してくれれば。
(楠本について)5回も出塁した。彼は2年目の選手だが、素晴らしい活躍だった。