よしおのブログ

ベイスターズ、時々ポルトガル

3月31日 DeNA vs 中日 3回戦 ②

3回表、先頭の堂上を三ゴロに打ち取ると、大野を見逃し三振、柳を一ゴロで3アウト。

3回裏、先頭の柴田は見逃しの三振で1アウト。宮崎がレフトへのヒットで出塁するも、筒香がレフトフライ、ロペスが遊ゴロで3アウト。

 

4回表、ここまで打者9人で抑えている井納は、先頭の平田を遊ゴロ。井納の股の間を抜くも大和がカバーしアウト。京田に粘られ7球目をライトに運ばれる。3番大島も7球粘り、8球目をライトへ運び1死1,3塁のピンチとなる。ビシエドの打席で、4球目を投げたところで大島が盗塁。ビシエドは四球を選び1死満塁。アルモンテは二ゴロに打ち取るが、ホームには投げられない。1点返される。高橋に対しては、2球ボールを続けたところで申告敬遠。迎えた堂上を三ゴロに打ち取り、最少失点で切り抜ける。

4回裏、先頭の梶谷は初球を叩くも二ゴロ。伊藤がセンターの頭上を越える2塁打を放つも、大和がセンターフライ。タッチアップで進塁し、2死3塁となるも、井納が空振り三振で3アウト。

 

5回表、大野を遊ゴロ、柳を空振り三振で順調に2アウトとるも、平田に四球を与えると、京田がショートへのつまった当たり。大和が軽快にさばいて送球。京田がヘッドスライディング。判定はセーフとなるも、ラミレス監督はリクエストを要求。結果は覆らず内野安打となり、2死1,2塁。大島を二ゴロに打ち取り3アウト。

5回裏、楠本がファウルフライに倒れると、傍田がレフトへ2塁打。宮崎が空振り三振に抑えられ、筒香が敬遠で歩かされた後、ロペスがレフトフライで3アウト。

 

6回表、井納に代わりエスコバーが登板。ビシエドが2球目をレフトスタンドへ運び同点とされる。しかしアルモンテと高橋を空振り三振、堂上を投ゴロで3アウト。

6回裏、レフトに渡辺が入る。梶谷が空振り三振で1アウト。伊藤がセンターへのヒットで出塁するも、大和がセンターフライ、エスコバーの代打倉本がセカンドライナーで3アウト。

 

7回表、エスコバーに代わって三嶋が登板。先頭の大野に四球を与えると、柳の代打亀沢をセンターフライに打ち取るも、平田にセンターへ運ばれ1死1,2塁。京田を遊ゴロに打ち取り2死2,3塁。さらに大島に四球を与え満塁のピンチとなる。4番ビシエドを二ゴロに打ち取り3アウト。無失点でピンチを切り抜ける。

7回裏、柳に代わってロドリゲスが登板。先頭の楠本は、5球目を叩きロドリゲスのところへ転がるも、ロドリゲスがファンブルし出塁。柴田が送りバントを決めるも、宮崎が二ゴロ、筒香が見逃し三振で3アウト。

 

8回表、三嶋に代わってパットンが登板。先頭の渡辺を二ゴロに打ち取ると、高橋にはレフトへのヒットで出塁されるも、堂上を空振り三振、大野を空振り三振で3アウト。安定したピッチングを披露する。

8回裏、ロドリゲスに代わって祖父江が登板。その祖父江にロペスが三ゴロ、梶谷が二ゴロ、伊藤がサードへのファウルフライで三者凡退に抑えられる。

 

9回表、パットンに代わって山崎が登板。桑原がセンター、楠本がライトの守備に就く。祖父江の代打をライトフライ、平田を遊ゴロ、京田をレフトへのファウルフライで3アウト。

9回裏、祖父江に代わって小熊が登板。大和がセンターへのヒットで出塁すると、山崎の代打嶺井が確実に送りバントを決める。楠本がセンターへのヒットで1アウト1,3塁にすると、柴田への代打佐野がレフトへの適時打でサヨナラ。