よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

4月5日 DeNA vs 巨人 1回戦 2-3 負け ①

スワローズに負け越して迎えた巨人戦。今シーズン2回目の登板となる今永が先発。前回のような好投をしてチームを勝利に導けるか。そして打線も調子が上向き始めたソトをはじめとする強力打線で今永の好投を援護できるか。巨人の先発は菅野。

 

お互いに、相手の先発の立ち上がりを攻め、連続ホームランで2点ずつ取り合う。その後は両先発が安定したピッチングで投手戦となる。菅野が最後までその投球を続けられた一方、今永は7回にゲレーロに一発を許してしまった。7回を3失点でまとめたという内容は十分で、この日までの巨人打線がかなりあったまっていたことを考慮すれば100点の結果だった。

打線も、初回に今永が先制を許した直後に取り返して振り出しに戻したのは二重丸。筒香に特大のホームラン、ソトに至っては前の試合から数えて3打席連続となるホームランで完全にエンジンがかかったことをアピールした。中軸では、あとはロペスがいまひとつな感じだが、最終回の最終打席で放ったフライはあともうひと伸びあればスタンドインしていたところから、言うほど不調ではなく、ただ ”ツイてない" だけだと思わせてくれる。いずれにしても今日は2回以降、菅野が一枚も二枚も上手だった。

 

この日の収穫としては、中軸のホームランに加えて、大和の猛打賞が挙げられる。守備でも軽やかな動きでアウトを積み重ねた。それ以上に大きいのは、ヤクルトとの連戦のなかで乱調だった三上とパットンの好投だ。今シーズンの開幕まではこれが当たり前だったが、3日までのヤクルト戦で、ファンの間ではこの二人に対して大きな不安を抱いてしまっていた。しかし、この日、「いつも通り」の安定したピッチングで少なからずそういった不安を払しょくしてくれた。

 

両チームのスターティングオーダーは以下の通り。

 

DeNA       巨人

8 神里和毅    4 吉川尚輝

9 楠本泰史    6 坂本勇人

4 ネフタリ・ソト 8 丸佳浩

7 筒香嘉智    3 岡本和真

5 宮崎敏郎    7 ゲレーロ

3 ホセ・ロペス  5 ビヤヌエバ

2 伊藤光     9 亀井善行

6 大和      2 小林誠司

1 今永昇太    1 菅野智之

 

1回表、先頭の吉川を8球目にショートへ打たせて大和がさばき1アウト。坂本の打球は風に乗りライトへの2試合連続となるホームラン。さらに丸が左中間へ運び二者連続のホームラン。このホームランは丸の通算150号ホームラン。岡本は見逃しの三振で2アウト。ゲレーロをレフトフライに打ち取り3アウト。

1回裏、神里はライトへのヒットで出塁。楠本の当たりがショート正面へ転がり6-4-3のダブルプレー。2死走者なしからソトがライトへ前の試合から3打席連続となるソロホームラン。さらに筒香がウイング席に飛び込むホームランで同点。宮崎の当たりはファースト正面のゴロ。3アウト

 

2回表、先頭のビヤヌエバに7球粘られた末に四球を与え、無死の走者を出してしまう。続く亀井をセンターフライで1アウト。小林をライトフライ、菅野を遊ゴロで3アウト。

2回裏、ロペスがファウルフライ、伊藤がレフトフライで2アウト。大和がレフトへのヒットで出塁するも、今永がレフトフライに倒れ3アウト。

 

3回表、吉川に8球粘られ、9球目をレフトフライ。坂本は低めの変化球をうまく打たせ三ゴロ。丸は空振り三振で3アウト。三者凡退。

3回裏、神里が一ゴロ、楠本が空振り三振、ソトが遊ゴロで三者凡退。