よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

4月7日 DeNA vs 巨人 3回戦 ②

1回表、吉川がレフトへのヒットで出塁すると、坂本を三ゴロ、丸を左フライ、岡本を一フライで3アウト。

1回裏、神里は右フライ、柴田は投ゴロ、ソトは遊ゴロで三者凡退。

 

2回表、亀井を二ゴロ、ゲレーロを投ゴロで簡単に2アウトを奪う。ビヤヌエバにレフトへ二塁打を打たれるも、小林の止めたバットに当たった打球がファーストへ転がり一ゴロ。3アウト。

2回裏、先頭の筒香は右フライに倒れるも、ロペスが四球を選び出塁。宮崎が見逃し三振となった後の伊藤がセンターへのヒット、さらに大和がレフトへ適時二塁打で2点先制。大和はこれが今シーズン初の打点となる。続く井納が投ゴロで3アウト。

 

3回表、畠を空振り三振、吉川を二ゴロ、坂本を中フライで三者凡退。

3回裏、神里がセンターへ二塁打を放つと、柴田が確実に送りバントを決め、1死3塁。ソトが左フライに倒れるも、筒香がライトへ適時打で追加点。続くロペスがレフトのライン上にヒットを放つ。ロペスは二塁を狙うも、好返球に阻まれ3アウト。

 

4回表、丸を一ゴロ、岡本を中フライで2アウトを奪うと、亀井の当たりは一塁へ。ロペスの正面も、バウンドが変わりグラブに収まらない。内野安打となる。しかしゲレーロを二ライナーに打ち取り3アウト。

4回裏、宮崎は二ゴロ、伊藤は中フライ、大和は3球で空振り三振。三者凡退。

 

5回表、ビヤヌエバを空振り三振に仕留めると、小林にはライトへヒットを許す。畠がしっかり送りバントを決めると、吉川がレフトへの適時打。筒香からの返球を伊藤がとれず、ホームで刺せなかった。2死2塁。坂本に9球粘られ、四球を与えてしまうが、丸を二ゴロに打ち取り3アウト。最少失点で切り抜ける。

5回裏、井納に代打梶谷が送られる。その梶谷は三ゴロで1アウト。神里がライトへのヒットで出塁。神里は、しつこく敬遠される中でも盗塁を決める。柴田が四球で出塁すると、畠の1塁への牽制が柴田にあたり、ボールが転がっていく。その間に神里が生還、柴田も3塁まで到達する。さらにソトがレフトへ適時打。5-1とする。ここで畠がマウンドをおり、戸根が登板。筒香は空振り三振。筒香は悔しかったのかバットで自分の頭を小突く。ロペスがセンターへ運び2死1,2塁。宮崎はバットの先に当てた打球で二ゴロ。3アウト。

 

6回表、井納に代わって三上が登板。先頭の岡本を空振り三振に仕留めると、亀井を一ゴロ、ゲレーロを三ゴロで危なげなく3アウト。

6回裏、桜井が登板。先頭の伊藤はセンターへ大きなフライ。フェンスギリギリのところで丸が捕球した。大和はサード正面へのゴロで2アウト。三上のところで代打楠本。しかし3球で空振り三振に倒れる。

 

7回表、三上に代わってエスコバーが登板。ビヤヌエバを空振り三振。小林への代打、陽岱鋼はライトへ二塁打を許し、1死2塁。桜井への代打中島は空振り三振。吉川の当たりは1,2塁間を抜けそうになるが、柴田が懸命に飛びつきなんとか捕球。しかし投げられず、1,3塁のピンチ。坂本の打席で、初球で吉川が盗塁を仕掛けるも伊藤が好送球で判定アウト。ここで原監督はリクエストを要求も、判定そのままアウトで3アウト。

7回裏、桜井に代わって吉川光夫が登板。キャッチャーには大城が入る。先頭の神里は投直で1アウト。柴田は見逃し三振で2アウト。ソトは一フライで3アウト。ソトはアウトになる前、レフトへ場外に飛び出す特大のファウルを放った。

 

8回表、エスコバーに代わって三嶋が登板。センターに桑原が入り、神里がライトへ回る。坂本を空振り三振、丸には四球。1死1塁から迎えた岡本の当たりあ大和が加齢にさばいて6-4-3のダブルプレー。3アウト。

8回裏、吉川に代わって中川が登板。筒香は初球を叩くも投ゴロ。ロペスは三ゴロ。宮崎の当たりはファースト正面へ。バウンドが変わったのか、捕球できず内野安打。伊藤は遊フライ。

 

9回表、三嶋に代わって山崎が登板。亀井をセンターフライ、ゲレーロもセンターフライ。ビヤヌエバはセンターへ運び出塁するも、大城を見逃し三振で3アウト。ゲームセット。球団通算4000勝目となった。

 

この日のヒーローは、今季初勝利の井納翔一投手と、先制の2点適時打を放った大和選手。