よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

4月19日 DeNA vs 広島 4回戦 1-2x

打者成績

 

8 神里和毅 二ゴ、中二塁打、空三振、見三振、見三振

9 楠本泰史 遊ゴ、空三振、中二塁打、空三振、中打

4 ネフタリ・ソト 左打、投ゴ、空三振、四球

7 筒香嘉智 空三振、中飛、二ゴ、見三振、左打

3 ホセ・ロペス 一邪飛、三邪飛、遊ゴ、右飛、

5 宮崎敏郎 三失、左本塁打①、空三振、三ゴ

2 伊藤光 空三振、四球、右打、一邪飛

6 大和 左飛、捕ゴ、左打、右飛

1 今永昇太 左打、一ゴ、犠打失敗、

  パットン 空三振

 

代打:桑原将志 遊ゴ

(途中出場)柴田竜拓 左打

楠本 4回裏 走塁死

 

投手成績

 

今永昇太 7回 106球 被安打5 8奪三振 2四球 0失点

三嶋一輝 0.2回 20球 被安打1 0奪三振 2四球 1失点

砂田毅樹 0.0回 4球 被安打1 0奪三振 1四球 0失点

パットン 1.2回 34球 被安打1 2奪三振 3四球 1失点

 

今永の好投を勝ちにつなげられなかった。今永が7回まで安定したピッチングをしてくれたのに打線がそれを援護できない。8安打するも、得点は1点のみ。各回に1本ずつ程度しかヒットが出ず、「線」として機能しなかった。唯一宮崎がソロホームランを放ったことで得点はできたが、先週までの打撃がうそのように淡白な攻撃しかできない。この日は、ソトと筒香、ロペス、宮崎でヒットはソトと宮崎の2本のみ。いくら神里や楠本が出塁しても全然いかすことができていない。

一方で投手陣は安定の結果を残してくれた。今永が今シーズンの頭から見せてくれている好投をこの日も披露。5回に連打はあびたものの、危なげなく7回を投げ切った。後を受けた三嶋が制球を乱し、2本のヒットと2つの四球で1失点するも、パットンが後続を打ち取り、勝利への望みはつないだ。しかし、その後打線の援護がなく、パットンは2回、回跨ぎをすることになり、球審の怪しいジャッジも重なりサヨナラ負け。なんとも後味の悪い敗戦となった。