よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

5月1日 DeNA vs ヤクルト 5回戦 5-1 管理人現地

連敗を脱し、少しずついい雰囲気ができてきている中、大貫投手が先発。大貫投手がこの日もいいピッチングをしてくれるか、なにより天気はもってくれるのか。もろもろの不安がありながらの現地観戦でした。

 

f:id:yoshio0221:20190503130206j:plain

先発の大貫投手

 この日は先頭の太田選手に令和初ヒットを許しどうかなと思ったところはありましたが、なんやかんやで7回途中1失点と上出来すぎる投球。次回以降も期待ですね。

 

f:id:yoshio0221:20190503122536j:plain

f:id:yoshio0221:20190503122532j:plain

大和選手の先制タイムリ

打線の方は、3回に伊藤選手がヒットで出塁すると、大貫選手が送りバント。得点圏に走者を置き、大和選手がタイムリー。

その後は4回、5回とヤクルトの先発高橋投手の前に攻めあぐねていました。

f:id:yoshio0221:20190503122527j:plain

石川選手のヒット

しかし、6回に好調の石川選手が2打席連続となるヒットで出塁すると、石川選手が盗塁を決め、さらにソト選手がタイムリー。ソト選手はホームラン以外での得点ができてきているので、いままで以上に期待感が増してきますね。

f:id:yoshio0221:20190503122522j:plain

ソト選手のタイムリ

筒香がサードフライで凡退すると、2死2塁の場面でロペスが敬遠。ここまで不調を極めている宮崎選手に打席が回ります。日に日に宮崎選手への期待や、復調してほしいという応援する気持ちが大きくなってきていて、球場全体からの宮崎選手への声援はすさまじいものでした。

f:id:yoshio0221:20190503123009j:plain

f:id:yoshio0221:20190503123002j:plain

f:id:yoshio0221:20190503122957j:plain

宮崎選手のタイムリ

 

その宮崎選手はタイムリーヒット。球場全体から宮崎コールがこだましました。ファン全員がいかに宮崎選手を応援しているかがよくわかりました。

f:id:yoshio0221:20190503122951j:plain

f:id:yoshio0221:20190503122945j:plain

宮崎選手が塁上でガッツポーズ

f:id:yoshio0221:20190503123242j:plain

宮崎選手がいかに苦しんでいたかがわかりますね

塁上ではベンチに向かって両手を突き上げてガッツポーズ。その後は上の写真のようにしばらく下を向いていました。この時宮崎選手はどんな思いだったんでしょうね。スランプが今までなかったそうですが、初めてのスランプを脱するきっかけとなるこのヒットでこれまでの思いがこみあげてきたんでしょうか。見ているこっちも涙が溢れました。

f:id:yoshio0221:20190503123232j:plain

神里選手のタイムリ

試合はその後、続けて神里選手がタイムリーを放ち、5-0とヤクルトを突き放しました。

7回には大貫選手が、ヤクルトの村上選手にソロホームランを浴び、四球を一つ出したところで降板。後を受けて、この日1軍に登録された石田投手が登板。

f:id:yoshio0221:20190503130156j:plain

石田投手がリリーフ

直後の太田選手に四球を与えるも、青木選手、山田選手を連続で三振に打ち取り、無失点で切り抜けました。

そして8回をエスコバー投手、9回を山崎投手が危なげなく抑え、ゲームセット。

ポジ要素が多い試合でしたが、なにより宮崎選手の復調ですね。これから、首位打者宮崎としての実力を発揮していってほしいですね。

 

【番外編】

 

f:id:yoshio0221:20190503123229j:plain

ライトスタンドからの声援に応える宮崎選手

f:id:yoshio0221:20190503123217j:plain

f:id:yoshio0221:20190503123727j:plain

ライトスタンドからの声援に応えようとする神里選手と、邪魔する筒香選手