よしおのブログ

ベイスターズ、時々ポルトガル

5月3~5日 DeNA vs 阪神 7~9回戦 ②

 

5日は、3連戦の初戦に続きサヨナラ負け。阪神のショート木浪とサード大山が連続でエラーし、1,2塁のチャンスを作ると、嶺井がショートにゴロを打ってしまうが、木浪のフィルダースチョイスで先制に成功。その後も2死1,2塁での中井の打球を木浪がファンブル。この回だけで3エラーとなったが、得点は1点のみ。最下位らしい弱さが見られた。先発の京山はスロースターターらしい投球。2回には先制してもらった直後に2本のタイムリーで逆転を許す。その後は不安定ながらも5回まではしっかり抑えた。打線が4回と5回に計4点を挙げ逆転に成功。この日1番に起用された中井がヒットを打ったり、ライト糸井が打球処理をもたついたりしてここ最近のベイスターズには珍しく5得点となった。しかし6回に京山がつかまり、梅野にタイムリー、マルテにヒットで1失点しなおも1,3塁のピンチとなったところで石田に交代。その石田は代打の北条にタイムリーを浴び1失点するが、逆転までは許さなかった。続いてマウンドに上がったエスコバーが糸原にツーベース、からの大山にタイムリーで同点とされる。8回の国吉は代打鳥谷にツーベースを浴びるも4人で抑え、迎えた9回。マウンドには三嶋。本来ならパットンや三上にマウンドを託したいところだが、彼らはベンチにはいない。彼らの不在のしわ寄せを受けている三嶋は、なんとか2アウトまではこぎつけるも、福留にホームランを打たれ、サヨナラ負け。

投手陣の相次ぐ離脱でガタガタのブルペン陣。相性の悪い阪神戦で、かつこの惨状。打線も調子が今一つ。となれば3タテをくらうのも当然だったのかもしれない。なんなら相手が阪神でなくても3タテをくらっていてもおかしくはない。とにかく1日でも早く、万全の状態で先発陣もリリーフ陣も帰ってきてもらわないとまともに戦うことはできない。