よしおのブログ

ベイスターズ、時々ポルトガル

5月6,8日 DeNA vs 巨人 7,8回戦

6日は、2軍で調整が続いていた東の復帰登板となった。先発陣の離脱者が多く、負けが続く中、昨年の新人王である東の復帰が待ち望まれていた。しかしその東は初回と3回に坂本に2打席連続となる2ランホームランを許すなど3回までに8失点。期待されていた投球を披露することができなかった。内容としても四球3つと死球1つと乱調。2年目のジンクスなのだろうか。昨年の左腕先発陣での反省をいかし、じっくり調整しての登板でこんな結果となってしまった。次回登板までに本来の投球ができるような状態になってもらわないと、今のチーム状況としては苦しいものがある。

打線は中軸を中心に計7本のヒットが出た。宮崎とロペスにそれぞれソロホームランで計2得点。かなりさみしい数字ではあるが、不調だった宮崎が、復調を思わせるあたりが続いている点では多少ポジポイントと言えるか。

10連敗が明けて、2連勝して流れに乗れるかと思ったところで4連敗。できるだけ早く嫌な流れは断ち切りたい。

 

 8日は新潟への遠征でまさかの逆転負け。ベイスターズは初回に宮崎のタイムリーとロペスの2ランで、菅野から3点先制することに成功。6回までに5-1と珍しくリードした状態で優位に試合を進める。投げては先発の大貫が6回を94球で1失点と上出来。しかし7回、後を受けたリリーフ陣が爆発。7回からマウンドに立ったのは三嶋。三振と四球を交互に出し、2死1,2塁とすると、5人目の坂本にタイムリーを浴びる。続く丸、岡本にも四球で、押し出しの失点。亀井に初球を叩かれ2点タイムリー。さらに代打の阿部に四球でなおも2死1,2塁。ここで国吉にスイッチすると、代打の重信にタイムリスリーベースを打たれ、この回だけで7失点。打撃陣の活躍を無碍にする事態となった。

先発陣の大量離脱が原因となり、先発は学徒動員状態となっている。そのため、先発を長く引っ張ることができず、リリーフ陣の登板が長く、多くなる。さらに三上、砂田、パットンも離脱。こちらも学徒動員状態となり、信頼されている分、三嶋に特にそのしわ寄せがいっている。その三嶋が今回の逆転負けの原因の発端となったといっても過言ではない。

ファンの間では監督をはじめ編成側の責任を問う声もあるが、どちらかというとここまでの離脱が発生してしまっているところに問題があるのではないか。いずれにしてもプレーをする前の段階での問題が今のチーム状況を生み出しているように思える。