よしおのブログ

現在迷走中(笑)その時書きたいことを書きます。

今の自分と向こう3か月くらいの計画

3月に英検を終えて2か月ほど経った。英検1級を初めて受検した今回は、1次試験の突破を目標として取り組み、見事1次試験は合格した。2次試験はそもそも実力が全く足りていないという自覚があり、また1次試験に合格したことで燃え尽きてしまったこともあり、わりと低めの点数で不合格となった。

 

いずれにしてもTOEICと英検の目標を達成してひとまず安心してしまったことと、プライベートがちょっと充実しすぎたことから、英検の結果が完全に出た日からカウントして約1か月間、今一つ英語に向き合う時間を作れずにいた。

 

そんななかでも通勤時間に行っている英語学習である、Audibleでのリスニングは継続して行ってきた。それだけは成果として言えることだが、むしろそれくらいしか成果はない。継続して行っていた英会話も、英検前にわりと消化してしまっていたこともあり、頻度を減らしていたが、さらにそこにコロナウイルスの感染拡大の影響でスクールが休校になることで全然英会話に行けなくなっている。

 

一方で明確なターゲットを失い、やるべきことが曖昧になってしまっていた。本格的に翻訳について勉強することは確実に必要だとは思っていたが、それ以外の部分でやるべきことがなにかいまひとつはっきりとわかっていない。多読なのか精読なのか、はたまた別のなにかなのか。

 

ひとまず今は

①英語の例文暗記

②翻訳の練習問題的なやつをひたすらやってみる

③ドイツ語単語の暗記をし直す

ことに注力することにしている。

 

①英日も日英もできるようになるため、そして英検1級の1次試験が免除されているうちに2次試験を突破するため、高校生以来くらいな気はするけれど、例文暗記に取り組む

 

②英日翻訳については、TOEICと英検で最低限スタートラインには立ったと思っているので、実践的な問題に取り組んでいく。まずは過去にトライアルで出された問題などで、かつ採点者の開設がついているものに取り組み、大学受験の問題のような「英文解釈」ではなく、「翻訳」として取り組んだ時に、自分の実力がいかほどのものか見ていく。

 

③大学卒業までに独検2級をとっていたが、それ以来ほとんどまったく触れてこなかったドイツ語。折に触れてやり直そうとは思っていたものの、仕事や英語の学習を優先していた。コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の影響で一人の時間が爆増している今、少しずつドイツ語の単語を暗記しなおすことでドイツ語を思い出し、将来的にはドイツ語でも翻訳をできると胸を張って言えるくらいになりたい。

 

①は早々に完了することは見えているが、とりあえずこれらにしっかりと取り組んでいきたい。